高コスパ革靴 GU(ジーユー)リアルレザーシューズ「評価とプレメンテ方法」

GUリアルレザーシューズ 革靴のススメ

GUリアルレザーシューズ
評価とプレメンテナンスの方法

ライボウ
ライボウ

本革なんですね。
素材や靴の評判を教えてほしいです。

2021年8月に販売を開始されたGUのリアルレザーシリーズ。
既存のメンズシューズは合成皮革を使った「アクティブスマートシューズ」を展開していたが、利用者の要望を反映し本革ドレスシューズの開発に至った様です。

この記事でわかること

・革靴に使われている素材
・サイズ感
・履きおろしのメンテナンス方法

リアルレザーダービーシューズの素材を確認

アッパー(本革外側の素材)

比較的柔らかい革を使用していますが、皮革の肌理(きめ)が荒い印象があります。

そのため革靴を屈曲した際に細かい小じわが入り、エイジングした際にあまり良い履きしわが入らないようです

ライニング(本革内側の素材)

ライニング全体は牛革、カウンターライニングはスエード革を使用。

中敷き部分は牛革の中敷きの下に柔らかいウレタン素材が入っており、クッション性が良くなっています。

つま先部分に先芯が入っていないせいか、トゥ部分は柔らかく履きしわが入りやすい作りとなっています。

(注)ヴァンプライニングの一部素材はキャンバス生地を使用

アウトソール部分(本底、踵の積み上げ部分)

アウトソール全体は樹脂素材で出来ており、ソールとかかと部分の一体成型となっています。

また、アッパーとソール部分を接着する「セメンテッド製法」で製造されています。

ハンドグレードの様なウェルトの縫い後部分や、かかとの積み上げ部分を意識(再現)した金型を使うことにより、ソール部分は安っぽくなく、メリハリの利いた仕上がりになっています。

靴紐

意外と見落としがちですが、靴紐にはロー引き紐(丸紐)が使用されています。

購入時に靴紐が湾曲している場合にはロウ成分を含んだワックスやクリームで整えましょう。

ライボウ
ライボウ

素材にもこだわっているとですね。

価格帯から考えると良い品だと思います。
入門靴には最適と思いますので、GUを機会に革靴の輪が広がればうれしいです。

プレメンテナンス(靴の履きおろし)とお手入れ方法

アッパー部分には油性のワックスが塗られており艶があります。

靴を長持ちさせるために古いワックスは剥がし、質の良いオイルと乳化性クリームでプレメンテを行うことをお勧めします。

\ 関連記事:革靴のお手入れ方法 /
乾燥した革靴が柔らかく!?おすすめオイルメンテナンス タピール レーダーオイル

履き心地(サイズ感と着用感)

指の付け根、ボールジョイントから先は楕円型をしており、少しゆとりのある作りになっています。

一方履き口はフィット感のある作りになっているようです。

サイズ感は少し小さめの木型を使っているようで、私の場合は1cm大き目のサイズを選択しました。


試着をされない方はサイズ感に注意!0.5cmは大きめを買うことをお薦めします。

ライボウ
ライボウ

ちょっと大き目サイズがいいみたいです。

まとめ、経年変化(エイジング)

デザインの幅広い為、TPOに合わせた選択が可能なこともうれしいですね。

私も参考にしていますが、公式通販サイトのレビューには「1サイズ大き目でちょうどよい」「ウィズはEEぐらいか?」などのコメントの記載があります。サイズ選びやコーディネートの参考になりますのでチェックしてみてください。

ダービーシューズの経年変化については、別記事でご紹介しておりますので、ぜひ参考にされてください。

関連記事:GU革靴 経年変化の記録 /
GU リアルレザー ダービーシューズ【エイジングと着用感】

\ 今回使用した靴磨きの道具 /


\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

▲国産メーカーの高級ライン靴クリーナーです。革靴やスニーカーなど幅広く利用することが可能です。

¥1,320 (2022/06/20 12:26時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました